納付した自動車税について

《簡単1分で無料一括査定》すぐに愛車の最高価格額が分かる♪
あなたの愛車を最高で売却するなら
▼▼▼ココをクリック▼▼▼


簡単1分で入力完了!すぐに愛車の最高価格額が分かる♪
あなたの愛車を最高で売却するなら
▲▲▲ココをクリック▲▲▲

車をお持ちの方は、年に一度自動車税を払っていると思います。
春先になると、自宅に納付書が届き、支払いをしている方も多いでしょう。
自動車税の納付は、5月末までに行うことが義務となっており、みなさん支払いをしていると思います。そうなると、「そういえば、既に自動車税を支払っているけれど、売却したらこの税金はどうなるの?」と不思議に思われる方もいるでしょう。
では、納付した自動車税は、どういった対応となるのか、ご紹介しましょう。例えば、車を売却しようと4月に査定を行い、売却の話を進めている場合には、車の所有者はご本人となり、納付書はご自宅に届くことになります。しかし、5月に車を売却している場合には、4月のみが所有していた期間となりますから、必要な税金は1カ月分となります。
通常、1カ月分の自動車税だけを業者に支払い、後は業者で手続きを行っていくことになります。中には、納付書が5月に届けられることがありますが、この際は所有者が変更となっていませんから、5月分の納税義務が発生することになりますので、注意しましょう。
買取業者によっては、納付している自動車税について一切触れずに手続きを進めていくところもありますから、「自動車税は、返ってきますよね?」と確認するようにしましょう。業者によっては、こちらから言わなければ、そのまま戻ってこないこともありますので、注意が必要となります。
納税時期に売却する場合には、交渉も必要となるでしょう。

コメントは受け付けていません。